プロフィール

マリソル

Author:マリソル
何をやっても微妙なオチがつく
ネタ人生でえっちらおっちら
活動中。

皆様の愛に生かされて
紡織1
製錬1
裁縫4
クラフト6
シャカシャカ2
新目標
カウンターマスター
紡… いやうそ

MSNメッセ可。
marisol-a*hotmail.co.jp
*→@

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

そこは愛の力で何とか。
クラフト裁縫弓士兼駄目嫁のマビ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマシアの円卓(後編)
というわけで、引き続き煮汁で煮るのです。

■煮汁
・水 450cc
・昆布つゆ 50cc
・砂糖 おおさじ4
・醤油 おおさじ4

確かレシピによると醤油は後入れらしいので、上三つをぐるぐるかき回して沸騰したら、下茹でした肉をIN。
この辺で一応レシピを確認に行きました。

> 別の鍋に昆布だし入り3倍濃縮つゆ、水、酒を入れ、
> 3)の豚肉を加えて火にかける。沸騰したら砂糖を加え、
> ペーパータオルで落としぶたをし、弱火で15分煮る。

(゚д゚)

……(゚д゚)些細なことだわ。



ぐつぐつぐつぐつ

醤油IN

ここらでひとつ何か面白い話でもすべきなんですが、生憎本当にただ煮てただけなので何も言うべきことがない。
そんなわけで、ひとまず完成。

てり

が、そもそもこの段階で夜11時くらい(大体トータル二時間くらい煮てました)で、晩御飯にはなり得ません。てか、角煮ご飯の重要な基礎であるご飯がない。
もともと翌日(今日)の晩御飯の予定だったのですが、レシピにも一晩寝かせと書いてありますし、ここはじっくり熟成させるのです。



で一晩置いたのがこちら。

照り照りー

ちょっと火を入れたら照り照り。

それはそうと、今回のテーマは角煮ご飯なのです。

漢らしく肉on飯でいい気もしましたが、せっかくこうして写真撮ってるんだからもうちょっと何かしようぜと。
ましあちーの角煮ご飯ではここで煮たまごを用意すべきですが、大好きにもかかわらず諸事情により卵を食べられないので、何か他のものがほしいです。
そこで、本日も仕事帰りに行きつけのスーパーへ。

秘密兵器

舞茸と絹サヤ。
絹サヤはヘタとってチン。絵的に見せるべきものが何もないので潔くカットです。
で、舞茸はちょっと小麦粉まぶして軽く揚げ、かりっと香ばしい感じに。

準備が整ったところでいよいよご飯です。
ご飯は雑穀ご飯ですYeah!!

どんぶりごはーん

そしてましあご飯の法に則り、更なる秘密兵器。

隠し持っていたきざみ海苔

海苔をどんぶりご飯にふりかけ、上に角煮と舞茸、絹サヤを飾るざます。
真ん中に銀杏でもあしらえばよかったのではないかとこの時点で思ったのですが、さすがに遅かったので、今回は諦めよう。

かーんせーい

これは……(*゚д゚)なかなかいいんじゃない……?

というわけで早速がっついて、制作時間の割には結構あっという間に地上から消滅しました。
つかUMEEE何これマジ口の中でとろける。
角煮ご飯万歳。角煮ご飯万歳。明日も食べる。
(材料があと一食分余裕で余ってるから)(二日までなら全然平気)
スポンサーサイト
アルマシアの円卓(前編)
ちゃぶ台的な意味で。

先日ましあちーのとこで見かけた角煮ご飯が大変うまそうだったのです。

角煮といえば昔ものごっついたくさん作って三日ぐらい食べて「もうこんなことはやめよう」と思ったものでしたが、まあそこは適量ならいいじゃないかということで、肉と材料を買ってきました。
参考のレシピはこちら

さて買い集めた材料は以下の通り。

材料

まず言い訳から始めさせてもらう。

・砂糖:まりそーにゃは砂糖といえばコーヒーぐらいにしか使わないので、普通のグラニュー糖一袋買ってきても消費できないのです。必然的にスティックシュガーを使わざるを得ないのです。
おおさじ4(砂糖36g)ってことは3gの袋12本。12本……だと……

・ワンカップ:本当はちゃんとした料理酒を買うつもりだったのです。
でも行きつけのスーパーには500mlの瓶からしかなくて、そんなに大量に消費しないしどうしたもんかと思ったときにこれしか思いつかなかったのです。いいじゃねえか酒は酒ですよ。

・生しょうが:本来はちゃんとしか生姜を買ってきて、ひとかけ輪切りにでもすればいいんですが、端的に言うと買い忘れたので、チューブのおろししょうがで代用しました。何か色が怪しかったけど加熱するから気にはすまい。

・にんにく:上記の理由から、肉の臭みをとるにはちょっと不安要素が残るため、レシピにはありませんが急遽代打として投入。吉と出るか凶と出るかはまだわかりません。そんな大変なことにはならないと信じたい。

・白ダシ:昆布つゆだと思って間違って買ったそもそも普通のだし用昆布でも買えばよかったかもしれませんが、レシピにだって濃縮だしでいいって書いてるからこれでいいやもう。

・醤油:冷ややっこときのこスパぐらいにしか使わないので、消費する予定がある時だけ小さいボトル買います。100ccくらい。便利。

・肉:角煮っていったら5cm角とか、ブロックをタコ糸で縛って云々とかではありますが、まりそーにゃは面倒なのでそんなことしません。あと本日の売り場にあったブロック肉は、白身が多くてアレだったので、これでいいのだ。

まあ作るといってもそんなに多くの工程はありませんが、ひとまず肉を炒めるのです。

じゅー

コンロが結構汚いのでこんな画面になる。
とりあえず表面がこんがりしたら、下茹でします。ここで怪しいおろししょうがと刻んだにんにくを一緒に投入。え、ネギ?

ぐつぐつ







早々と書くことがなくなりました。


しかしそろそろ下茹でを終わってもいい頃なので、ちょっと煮汁を作って更に煮てくるのです。
その結果が上の写真にちょっと色がつくだけだとしても。
……(゚д゚)
たまに何もしてないのに足が攣って途轍もない角度に足指とかが曲がっていくわけですが、大人しくじっとしていると何だか痙攣とかしつつも戻るわけですよ。そんな悠長なこと言ってられんほど痛いこともあるけど。
まあ大人しくじっとしてる以外に解決法がないので大人しくじっとしてて、しばらくすると少しずつ回復し始めるんですが、ほっとした頃に「やっぱりもう一回攣ります」と攣り直されるのは本当に勘弁してほしいと思います。がっかりです。

てか今まさに攣り直されてるんですけどどうすんだこれ痛い痛いよ母さん
一足遅し
戦いが終わったので、ベルトに乗って回ってくる大量のエビ星人と戦ってきました。(゚д゚)ケフー
行った時間が遅かったので、マイフェイバリットホタテが全滅していたことは心残りでしたが、エビイカカニと生湯葉つぶ貝、煮はまぐりは天晴れな仕事ぶりでした。ウメエ
一度家を出たら鉄砲玉の心
母上から「T(我の妹)からお姉ちゃんにメールが送れないって言われたから一回連絡取ってやって」とメールが着ました。
そういえば半年以上音信不通でした。
そんなわけで妹にメール

To:妹
From:姉
件名:(なし)
本文:何か用か




妹に「ちょくちょく連絡先不明になりすぎ」と怒られました。すんませんでした。
まあ妹の用件というのは、母上が来年還暦を迎えるのでお金出し合って何かしないかというあったか家族な話だったのですが、母上のお誕生日は六月です。気の早い奴だな。


とそこまで書いて、姉が半年以上平気で音信不通になる以上、今から動いておくべきであると判断された可能性に思い至りました。
あー(納得)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。