プロフィール

マリソル

Author:マリソル
何をやっても微妙なオチがつく
ネタ人生でえっちらおっちら
活動中。

皆様の愛に生かされて
紡織1
製錬1
裁縫4
クラフト6
シャカシャカ2
新目標
カウンターマスター
紡… いやうそ

MSNメッセ可。
marisol-a*hotmail.co.jp
*→@

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

そこは愛の力で何とか。
クラフト裁縫弓士兼駄目嫁のマビ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ時効のような気がする
 で、結局みこちーは戻すのか下すのかをはっきりしてほしいと思います。(゚Д゚)クワッ

 去年の秋ごろからうだうだ練りこんだ妄想を、クリスマスごろにとうとう勢い余って公式に投下してしまって、たまにふらふら街灯下にやってくる友エレンがそれを読んで「業の深い奴だ」みたいな感想を言ったわけですが、幼女な養女が好きで何が悪いんだよ。ええ。
 もちろんその後wikiかなんかでNPC紹介読んだら、全然違う設定でしょぼーんしたわけですが、何が我をあそこまで思い込ませたのか自分でもわかりません。
 というかそもそも、当時エレンにも突っ込まれましたが、「誰も『これは誰と誰と誰の話ですねー』とか言ってくれてないじゃん」と。我のあまりの妄想深度に、ニヤニヤする同じ穴の狢。黙ればいい。

 いやあのイメンマハ行って彼女とお話したら大体わかるじゃん。門兵の噂話にも名前出るじゃん。普通にやってたらきっとわかるじゃん!(゚Д゚)クワッ

 ネタ人生というか終始魔が差しっぱなしの我なので、ここらへんで一発かましといたら後々楽な気がするのです。
 主に妄想垂れ流すときとか。……うん。


本日の告白:
 何故か勝手にエレノアさんはシモン神の弟子兼養女だと思ってました。いやほら……イメンマハの惨劇とかで……_| ̄|○

**************************

 聖節になるとどこからともなく贈り物が飛んでくる。
 ふくろうを捕まえることなど出来はしないので、毎年受け取るばかりだったが、聖節の直前になるといつも何とかしてあれを捕獲できないかと思う。
 贈り物を届けさせている人に見当はついているのだが、むしろ私が知りたいのはその人の居所なのだった。ふくろうはきっと知っているに違いない、…追いかけてもいけないけれど。
 私が店の中で、常連客から受け取った繕い物をしていると、その常連客は私の顔を面白そうに眺めて言うのだった。
「随分不機嫌そうね?」
 私は無言で、作業台の隅に広げておいた去年の贈り物に視線を促した。
 彼女はそれですっかりわかったようで、ますます楽しそうに笑った。
「素晴らしい手袋ね。さすがだわ」
「私にははめられませんけれどね」
「あら、どうして?」
「サイズがあわないんです。小さくて」
 それは上等のシルクの、ほんのり桃色に輝くような素敵な手袋だったが、いかんせん小さすぎて私の手には合わなかった。
 それに気づいたときの落胆と憮然とした気持ちを思い出して、私はため息をついた。
「今年はもっと小さくなると思います」
「……本当に、困った人ね」
 常連客は苦笑して、待っている間に、と出した焼き菓子をつまんだ。
「彼はとんでもなく高い理想と、実際そこまで手が届きそうな人だから、仕方がないわね。他のことはお留守なのよ」
「……」
「大方、お砂糖のかかった可愛い焼き菓子ちゃんだとずっと思ってたのに、いつの間にか生々しい柘榴ちゃんになってたから、びっくりしちゃったんでしょう」
「……生憎、いつまでも子供ではいられませんから」
 私が心持ち憤然とそう言うと、彼女はただ「そうね」、と肩をすくめた。
「突然いなくなりはしたけど、いつかは帰ってくると思うわ。……あなたが努力を怠らなければね」
 私は繕い終わった銀行の事務服を店の紙袋に入れ、彼女に突き出した。
「320Gですわ」
「あらどうも。いつもながら仕事が早いわね」
 カウンターに金貨を置きながら、彼女はウィンクした。
「健闘を祈ってるわ」
「ありがとうございました!」
 何のかんの言いながら、彼女の目には私などまだまだ焼き菓子ちゃんらしい。
 ドアに下げた可愛いベルの音が静まってから、私はようやく作業台の前に座り直し、裁断しかけたとっておきの生地を手に取った。
 染色だってこの頃は滅多に失敗などしないし、思った通りに縫い上げる自信はある。
 あの人にぴったりの手袋と、今の私の手に合わせた手袋を片方ずつ化粧箱に詰めて、今年こそ贈り返してやろう。
 裁ち鋏を手に取りながら、いっそのこと店の屋根によじ登ろうかと思った(ふくろうの飛んで行く先を見届けるためにも。)けれど、彼のくれた手袋の可愛らしい李色のリボンが目に入って我に返った。

 私はもう柘榴ちゃんなんだからそういうことはしないのだ。

おしまふ
この記事に対するコメント

端的に云うとゲロ。
…訊かれたから答えただけなのであたしは悪くないぞ?

ところで時効は構わないのだが、まだ掲示板に残ってるよぷぷぷ
【2006/04/13 02:27】 URL | MiKoTo #- [ 編集]


なんかかわいらしい文章だなぁ(ノ・ω・)ノ
ふふっ、BBSもちゃんとチェックしますた!
【2006/04/16 02:44】 URL | はら #- [ 編集]


あれよ。今更四ヶ月もさかのぼって掲示板見る人もいまいよ。
と思ってたけど
名前で検索かけたらこれしかでないよね(・∀・)

_| ̄|○
【2006/04/16 17:44】 URL | マリソル #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://marisol.blog62.fc2.com/tb.php/3-8407f92d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。